ソーシャル婚活もある時代

以前からミクシーやモバゲーを通じて、恋人になったり、それから結婚にいたったりということは、 ちらほらと耳にしていました。

そして、フェイスブックが大流行している今、それは大きな波となって結婚業界になだれ込んでおります。

フェイスブックはもともと、アメリカの学生さんが恋人選びをしやすいようにシステムを組んだハーバード大学の 卒業年鑑が大元です。

世間では「フェイスブックはすごい!」の点だけ強調されていますが、実際はミクシーの世界版といったところです。
※つまり、それがすごいことでもあるのですが。

中身の方は、はじまりが「出会い」を基本にしている時点でも想像できると思われますが、使い方次第では 自分をアピールするのにこれほどすぐれたSNSはないかと思います。

(基本的に)実名での登録ですので、他の匿名サイトと違い、「オトナ」の対応の人が多いように感じられます。
まぁ、これはFBを仕事で利用している人も多いことも関係しているでしょう。

出会いの場、交流の場として、FBは今一番の注目株ですね。
(※後記:今はこんなサイトもできたようです。→Omiai ~フェイスブックを活用した日本最大級のマッチングサービス

また、いまだにミクシーも魅力的ですし、モバゲーやグリーなども、ゲームを通じて出会えるという点では、 捨ててしまうには惜しい選択肢です。


ただし、「タダより高いものはなし」とはよく言ったもので、結婚したい男性や女性につけこんで、その純粋な気持ちを もてあそぶ輩や詐欺的な行為を働く不届き者までいるのは確かです。
このような無料で利用できる「ソーシャル婚活」は敷居が低い分、相手の方もそれなりのことが多いので、 十分に注意が必要です。

最近では、SNSで知り合い、実際に会って、高額な物を買わせるといった「アポイントメント商法」も問題となって おります。

また、他のサイトへの誘導、特に出会い系サイトへの誘導には十分に注意しましょう。

無料で使えるということは、それだけ敷居が低いので、そうすると有料での「ソーシャル婚活」の可能性も 視野に入れる必要があります。
有料でのソーシャル婚活